ホームページ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MIRAI.ST cafe(ミライスト・カフェ)
こんにちは。
久しぶりの更新です。

地元の北海道でブローチの新たな卸先ができました。
http://miraist.com/2014/10/miraistcafe-grand-open

札幌にいらっしゃる方であれば知っていると思うのですがススキノ近くの
ビルの上に観覧車があるnORBESA(ノルベサ)1Fに
MIRAI.ST cafe(ミライスト・カフェ)でお取り扱いいただいております。
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1
OPEN 11:00
CLOSE 23:00(SHOP 21:00)

10月の24日にオープンしましたのでそろそろ落ち着いているころかと思います。
カフェに併設されたショップです。
ゆっくりカフェで過ごされたあとにご覧いただけたらと思います。

モチーフも多く、カラーのアソートで納品しておりますのでかなりカラフルな展開をしてます。

どうぞよろしくお願いします。
ARICA『しあわせな日々』京都公演決定!
愛知トリエンナーレ、横浜でのTPAMショーケースに続き
京都での再演が決まりました。

金氏徹平さんの舞台美術もさらに迫力が増すのではないかと期待しています。
舞台美術だけでも見る価値があります。

今回は仕事のため京都に帯同することができませんが
観に行きたいです、とても。



hd-banner_140904.jpg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

しあわせな日々

原作:サミュエル・ベケット『しあわせな日々』

翻訳:倉石信乃

演出:藤田康城

美術:金氏徹平

音楽:イトケン

出演:安藤朋子 福岡ユタカ(Yen Chang

著作権代理:株式会社フランス著作権事務所

新訳初演:20131012日(あいちトリエンナーレ2013

会場

京都芸術劇場 春秋座舞台上(京都造形芸術大学内)

日時

2014

1129日(土)15:00

1130日(日)15:00

上演時間:1時間40分(途中休憩なし)

関連企画

詳細はこちら

チケット(整理番号付自由席)

開演10分前より整理番号順にてご入場いただきます。

一般 4000

友の会 3200

シニア 3600

学生&ユース 2000

ユースは25歳以下、シニアは60歳以上 

シニア・学生・ユースは要証明書提示

未就学児童のご入場はご遠慮下さい

チケット発売日

友の会先行販売 916日(火)10:00

一般発売 917日(水)10:00

チケット取り扱い

京都芸術劇場チケットセンター TEL075-791-8240(平日10:0017:00

劇場オンラインチケットストア 要事前登録(無料)

パソコン:http://www.k-pac.org/performance.html#p20141129 携帯電話:http://www.k-pac.org/theatre/m/m

チケットぴあ http://t.pia.jp/ TEL0570-02-9999 Pコード:438-907

イープラス http://eplus.jp/ft11/ PC・携帯)

京都・滋賀各大学生協プレイガイド

学生&ユースチケットは京都芸術劇場チケットセンター、大学生協のみの取り扱いです。

車椅子をご利用のお客様、足の不自由なお客様は、お電話にてお申込み・お問合せ下さい。TEL075-791-8240(京都芸術劇場チケットセンター)

主催・お問合せ先:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター tel:075-791-9437

グループ展のお知らせ
7月9から7月21日まで麻布十番ギャラリーでグループ展を行います。

急遽決まったのであまり時間がなかったのですが
ブローチとバッグを展示したいと思います。

開廊時間は11時〜19時で最終日は17時までです。
休廊日は火曜日です。

もしよろしかったらぜひ来てください。

ちなみに僕がいる日にちは予定では10、13、17日です。


ギャラリーのURLです。

http://azabujuban-gallery.com/wp/

   











 
納品
国立新美術館に納品しました。

美術館にお立ち寄りの方はぜひぜひ
よろしくお願いします。
 
ブローチ展
香川にあるshop mo∴にてブローチ展を行っております。
「BROOCH BROOCH BROOCH」展
http://mo1010.exblog.jp

10人の作家によるブローチ展です。
様々な素材によるブローチが集まっております。

3月4日までですのでお近くのお客さまは
ぜひお越し下さい。
 
 

shop mo∴

〒763-0084
香川県丸亀市飯野町東二甲
1577-5
tel/fax 0877-85-5459 
open:11:00 - 18:00
closed:水曜日&第1・3日曜日
舞台のお知らせ

happydays-banner2.jpg
「しあわせな日々」特設ページはこちらから。
倉石信乃×藤田康城×安藤朋子・特別鼎談「身体化された知性」、ARICAと音楽・TALKシリーズ、稽古場日誌を掲載!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TPAM ショーケース
(国際舞台芸術ミーティング in 横浜2014)参加作品
しあわせな日々
 
原作:サミュエル・ベケット『しあわせな日々』
翻訳:倉石信乃
演出:藤田康城
美術:金氏徹平
音楽:イトケン
衣装:安東陽子
出演:安藤朋子 福岡ユタカ(YEN CHANG)
著作権代理:株式会社フランス著作権事務所
会場
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

日時
2/14(金)19:30 
2/15(土)15:00
2/16(日)15:00

料金:
前売¥4,000 当日¥4,500 学生¥2,500 (自由席)
2013年11月16日(土)〜 発売
お申し込みはこちら
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日10:00〜18:00)
カンフェティのシステムを利用しています。
会員登録(無料)→ご予約→セブンイレブンで発券
(発行手数料がかかります)
学生、18歳以下のチケットをご希望の方は、mail@aricatheatercompany.com まで
お名前(フリガナ)、ご住所、ご希望日、枚数を添えてお申し込み下さい。
お問い合わせ
info@aricatheatercompany.com
2013年
2013年ももうすぐ終わりますね。

さてさて全然更新しなかった2013年ですが
とりあえず来年の1月19日の雑司ヶ谷手創り市に参加します。

大学の時からの友達でイラストレーターの佐藤芳さんと同じブースです。


それと222日(土)〜34日(火)に香川県の
Shop mo∴さんで合同でブローチ展をさせていただきます。

またもう少し日にちが近づいたらお知らせします。

ではではよいお年をお迎え下さい。
ARICA 名古屋公演
今週末、名古屋にて舞台が始まります!

お時間あります方はぜひ!!

 
happydays-banner.jpg
 
024-m.jpg
 
「しあわせな日々」特設ページはこちらから。
 
倉石信乃×藤田康城×安藤朋子・特別鼎談「身体化された知性」、ARICAと音楽・TALKシリーズ、稽古場日誌を掲載!
 
 
あいちトリエンナーレ2013 参加作品
 
しあわせな日々
 
 
会場:愛知芸術文化センター 小ホール

日時:
10.12 (Sat) 18:00
10.13 (Sun) 18:00
10.14 (Mon / Holiday) 14:00

前売¥4,000 当日¥4,500 学生(前売)¥2,500 Pコード:429-172

●あいちトリエンナーレ公式ウェブサイト(ARICAページ)
 http://aichitriennale.jp/artist/arica_kaneuji_teppei.html

 
チケットの購入はこちら
原作:サミュエル・ベケット『しあわせな日々』
翻訳:倉石信乃

演出:藤田康城
美術:金氏徹平
音楽:イトケン

出演:安藤朋子 福岡ユタカ(YEN CHANG)


著作権代理:株式会社フランス著作権事務所



現代演劇の巨星にして今なお最前衛に⽴つ、サミュエル・ベケットの最高傑作。1961年の初演以来、世界中で様々な上演が続けられている、現代演劇の⾦字塔「しあわせな日々」。 

ARICAは、声、音、モノ、装置、空間との密接な関係を、まったくオリジナルな方法で探ることを続けてきた。今回そのARICAが、ベケットの言葉と対峙する。

舞台美術には、近年最も注目を集める気鋭の美術家、金氏徹平を迎える。横浜美術館の、最年少での個展が話題になったのも記憶に新しい。ポップでありながら日常の歪みをあぶり出す金氏徹平が、鮮烈な舞台空間を考案する。

音響・音楽には、ARICA「恋は闇」に引き続き、軽やかでシャープな凄腕の音楽家、イトケンが参加する。言葉/声にぴったりと共鳴するサウンドがライヴで行なわれ、今までにない音響的なベケットになる。

そして、ARICA安藤朋子の共演者として、夫の役をミュージシャンの福岡ユタカ(YEN CHANG)がつとめる。福岡ユタカは80年代に先鋭的音楽集団PINKのリーダー・ヴォーカルとして活躍し、その後も映画やテレビ、舞台の音楽を作曲してきたが、今回はなんと俳優として初めて舞台に立つ。単にセリフを言うだけでなく、その特異なヴォイス・パフォーマーとしての力を発揮して、安藤朋子と共に、声=言葉の革新的なアプローチを追求していくことになる。

加えて、舞台の根幹を支えるベケットの言葉は、ARICAのテクストを一貫して書いてきた詩人・批評家の倉石信乃が、全て新たに訳し直す。

この最精鋭の布陣で、今までの「しあわせな日々」の上演史を刷新する、独創的な舞台作品が生まれることを期待して欲しい。


『しあわせな日々』

晴れわたる空の下、腰から下を円丘に埋まった女がいる。強烈なベルの音で目を覚まし、「きょうもすばらしい日。神様ありがとう。」と口を切った後は、全二幕の間中、途切れることのない他愛無いおしゃべりを、円丘の陰に隠れ、たまにしか姿を見せない夫に向かって、陽気に繰り返す。しかし、女は最後までうずもれたまま体を動かすことは出来ない。第一幕ではまだ手を使うことが出来た。歯を磨いたり、化粧をしたり、異常な状況のなかでのあくまで日常の所作だ。でも、第二幕では体は円丘の中で、ついに首しか出ていない。それでも女は何事も無かったかのように、おしゃべりを続ける。とりとめもなく溢れる言葉とあまりにも奇妙な状況。そんな「しあわせな日々」を生きる女。

日常の背後に潜む死の恐怖。不安。その中で私たちが普段を生きるというのは、どういうことなのか。生きていくために、拠り所となるような確かなものは何なのか。答えのない問いが、この夫婦の、ひいては私たちの人生にぐるぐると回っている。

そして、この舞台は単に奇妙な状況が面白いわけではない。体の自由を奪われた女の出来ることは、しゃべること。その膨大な言葉の渦のなかで、そのうち言葉は意味からはずれ、声そのもの、さらには音そのものになって、全体がひとつの荘厳な楽曲のように響きはじめるだろう。
 
演出 藤田康城
納品
国立新美術館B1にあるスーベニアフロムトーキョーさんに
納品しました。

G.Wですのでぜひ展覧会をご覧になった際に
ミュージアムショップの方にも来てください。

舞台のお知らせ
大学の頃からずっと関わっている舞台の新作のお知らせをします。




 2012年12月27日
eljoe-hp.jpg


2013年2月28日→3月3日
森下スタジオCスタジオ

深遠の闇に潜むベケットを、今、
まばゆい光のなかへ剥き出しにせよ!

ニューヨークに飛んだダンス界の風雲児 山崎広太
太田省吾からARICAへ進化を続ける 安藤朋子


演出・テクスト構成:藤田康城
テクスト協力:倉石信乃
出演:山崎広太・安藤朋子

日時 
2013年
2月28日(木)19:30
3月1日(金)19:30
3月2日(土)15:00
3月3日(日)15:00 
*開場は開演の30分前

料金
一般/前売¥3,800 当日¥4,000
学生/前売¥2,800 当日¥3,000
*ご来場時に学生証をご提示下さい。
全席自由・税込み・整理番号順のご入場となります。
チケット 1月7日(月)発売

お申し込みはこちら
0120-240-540(平日10:00〜18:00)
カンフェティのシステムを利用しています。
会員登録(無料)→ご予約→セブンイレブンで発券
(発行手数料がかかります)

お問い合わせ
info@aricatheatercompany.com

会場
森下スタジオCスタジオ